単元

(タンゲン)

株の数え方で、一定の株数を1単元として数える。
銘柄によって数え方が異なり、
例えば、銘柄によって、
1単元が1株であったり、100株であったり、
1000株だったりする。

証券取引所での株の売買は、
通常は単元を基準に行われる。
つまり、1単元が1000株の銘柄を買う場合は、
1000株、2000株、3000株というように、
1000株の倍数で買いたい株数を指定することになる。

資金が足りなくて1単元分の株が買えない場合は、
ミニ株などを利用すると1単元に満たない株数の
売買もできる。
ただし、1単元毎に売買する場合と比べて、
議決権が無いなどの制約もある。

広告